第2回 Photoshopでパターンデザインをしてみよう

HappyFabricでテキスタイルデザインをはじめよう

オリジナルデザインの布を作ってみたい!と思っている方のためにパターン模様をデザインする方法について紹介します。

パターン模様をデザインする方法

151001_基本のパターン3
第1回で紹介した基本パターンの応用(2)
このパターンをPhotoshopで実際にデザインする手順をご説明します。

作業環境

  • Mac OS 10.13.6(High Sierra)
  • Photoshop CC 19.1.3

新規作成

作りたいパターンサイズでドキュメントを新規作成。
今回はポーチなどの小物を作るイメージで15センチサイズのパターンを制作する例です。

解像度:150 ピクセル/インチ
カラーモード:RGBカラー/CMYKカラー 8bit(CMYKの方がより色ブレが少なくなります)

※デザインデータが1GBを超えるものはアップロードがうまくいかない場合があります。
データを作成するときは16bitではなく8bitで作成してください。

写真やイラストを配置する

ファイル>埋め込みを配置
新規作成したドキュメントに、パターンにしたい写真やイラストを配置します。

HF_PS_03_埋め込みを配置

今回はイチョウの落葉写真を使用しました。

HF_PS_03_写真を配置

配置した写真を切り抜く

レイヤー>ラスタライズ>スマートオブジェクト
見えている部分だけにカットしたいので配置した写真やイラストをラスタライズします。

HF_PS_04_ラスタライズ

選択範囲>すべてを選択
ラスタライズできたら「すべてを選択」で選択範囲を作成。

レイヤー>新規>選択範囲をコピーしたレイヤー
四角く切り抜かれたレイヤーが作成されます。

HF_PS_選択範囲をコピーしたレイヤー

スクロールで送りをつける

イメージ>カンバスサイズ
カンバスサイズを確認する(後で数字が必要になるので覚えておく)
サイズの確認だけなのでキャンセルでウィンドウを閉じる。

151012_カンバスサイズ確認

フィルター>その他>スクロール
さっき確認したキャンバスサイズ(1772px)の半分886pxを入力します。

未定義領域はラップアラウンド(巻き戻す)を選択。

151012_スクロール

第1回で紹介した基本パターンの応用(2)の状態になります。

HF_PS_06_スクロールのコピー

継ぎ目部分を編集する

スクロールすると十字に継ぎ目が見えます。

継ぎ目が残っていると、パターンデザイン登録した時にうまく繰り返す柄になりません
この継ぎ目を目立たなく編集すれば、パターンデザインの完成です。

151012_継ぎ目

コピースタンプツールを使ったり、元写真の一部を切り抜きコピーしたりしながら継ぎ目が目立たなくなるように加工します。

151012_継ぎ目の編集

最後にイチョウのハッパに顔をつけました。

HF_PS_07_継ぎ目をなくすのコピー

JPEG形式で画像を書き出す

ファイル>書き出し>書き出し形式

最後にJPEG形式で保存します。
※別名で保存などでJPEGとして保存しても問題ありません。

151012_書き出し形式

書き出したJPEG画像を登録すればOK

スクリーンショット 2015-10-12 12.06.30

イチョウのハッパちゃん by haruna1221 @haruna1221 | HappyFabric

HappyFabricでデザイン登録をすれば
オリジナルデザインの布が注文できるように!

ぜひPhotoshopを使ってオリジナルのパターンデザイン作りに挑戦してみてください。


Subscribe HappyFabric Bblog