[工場見学]HappyFabricでオリジナルのカーテンをオーダーしてできるまで

4月になり、新生活を始める人が多いと思います。

家の中で一番生地が目立つところといえば、そう”カーテン”です。今回はHappyFabricの生地でオーダーカーテンを作ってみました。

今回は持ち込み生地からオーダーカーテンを作ってもらいました。カーテン工場に潜入したレポートをお送りします。HappyFabricの生地からカーテンが完成するまでにどれだけ多くの工程と人の手がかかっているのか全く知らなかったので、仕上がったカーテンをより大切に使いたいなと思いました。

前回の生地を選んで完成するまではこちらです。

第一回目:世界で一つだけ!自分だけのカーテンをHappyFabricでつくってみたよ

(1)生地を工場へ送る

前回デザインを選んでHappyFabricで作った生地を、持ち込み対応してくれるカーテン工場へ送ります。
どんな感じに仕上がるかドキドキしながら梱包して荷物を送り出します。1週間後が楽しみです。

CURTAINPRINT-1

 

(2)生地を荒裁ちして準備をする

工場に到着した生地は、まずは大きく荒裁ちといって大体の大きさにハサミで切っていきます。

HappyFabricBestOrder-1

 

(3)カーテンの丈をきちんと決める

カーテンの丈が短いとちょっと残念な仕上がりになってしまいます。一番重要なサイズ決めの工程。専用の機械に吊るして正確にカーテン丈を出していきます。

HappyFabricBestOrder-3

こういう専用の大型器具があるから、ピッタリと窓枠に合うサイズに仕上げることができるんですね。工場の人も長くても短くてもいけないので一番慎重になる工程だと話してくれました。

HappyFabricBestOrder-4

 

(4)フックをつける上部にかたい芯を縫い付ける

カーテンを吊るすフックの部分は、生地だけではたわんでしまうのでコシを出すための芯材を縫い付けてあります。この芯材のおかげでシャキッとしたカーテンが完成されるんです。

HappyFabricBestOrder-5

 

(5)周囲を縫製する

両サイドや下側を縫製していきます。まっすぐ長く縫うのは素人では難しい作業です。

HappyFabricBestOrder-2

 

(6)フックをつけるヒダを専用ミシンでつける

レールに取り付ける部分を、これもカーテン専用のミシンでヒダを寄せて縫っていきます。今回は1.5倍ヒダでオーダーしたので、仕上がりサイズの1.5倍の生地を使うような配分でヒダを寄せていきます。

HappyFabricBestOrder-7

(7)レールにつけるフックをつける

レールに吊るすフックをつけていきます。レールが隠れるか隠れないかの位置の違いで、フックの形状も変わってきます。

HappyFabricBestOrder-9

 

細かく飛び出た糸の処理もきれいにしてくれていました。見えない所も丁寧に仕上げてもらえるのって嬉しいですね。

 

HappyFabricBestOrder-8

(8)形態安定加工できれいな形をつける

今回お願いした工場はカーテンの専門工場なので、仕上がったカーテンがきれいに波打って見えるように形態安定加工をしてくれています。普段何気なく使っているカーテンも、こういうひと手間があることできれいな形を作っているということを知りました。

HappyFabricBestOrder-10

(9)梱包して完成

完成したカーテンはきれいに梱包されて完成です!

名称未設定-IMG_7500

カーテンフックもきれい!

名称未設定-IMG_7503

タッセルもバッチリ同じ布で作ってくれます。

名称未設定-IMG_7502

取り付けてみる

届いたカーテンを取り付けました。高さも測った通りにキチンと仕上がってきました。デジタルプリントのHappyFabricの生地もすごく綺麗で発色がいいので、期待通りの仕上がりです。
名称未設定-FullSizeRender 2

ぜひ皆さんも作ってみてください

普段インテリアショップなどでオーダーカーテンを作っても結構時間もかかります。
そしてなにより部屋の印象を決める大きい面積のカーテンなのでせっかくなら自分のおもいっきり好きなデザインのものをつけると気持ちも高まりますね。

今回カーテンを作った工場はこちらです↓


オーダーロールスクリーン・カーテン通販のベストオーダー本店

HappyFabricの生地は染料で染めているので顔料と比べると日光で色が薄くなることもありますが、普段の生活では気にならないと思います。是非みなさんもチャレンジしてみてください。

「こんなのを作って欲しい!」などの要望があれば、twitterやinstagramなどで #happyfabric をつけて投稿してください!

Subscribe HappyFabric Bblog